妊娠のメカニズムを知る

妊娠の仕組みを知って、妊娠しやすい体になりましょう!

妊娠が起こる仕組みについては
中学や高校などの保健体育の授業で
習ったりしますが、知っているようで
実はあまりよく分かっていないという人は
意外と多いのではないでしょうか?

 

妊娠の仕組み,不妊ブログ,妊娠しやすい

 

私も不妊に悩んだり流産を経験するまでは
妊娠の仕組みについては
ほとんど何も分かっていませんでした。

 

 

学生時代にあまり真面目に
勉強していなかったせいもあるのですが、
私が若い頃の学校での性教育は
妊娠というよりは、
避妊や性病予防の方に
重点が置かれていた

ような印象があります。

 

 

ですので、「避妊や性病予防のために
コンドームを使いなさい」という話は
よく覚えているのですが、
それ以外の、例えば排卵や受精、着床
といった妊娠が起こる仕組みについては
テストの時に一夜漬けで覚えたかも
しれないなくらいの記憶しかありません。

 

 

そこで、以前の私のように妊娠の仕組み
についてよくご存知ない方のために、
次のページから、妊娠の仕組みに関して
押さえておくべき基本的な内容を
「排卵」→「受精」→「着床」という
妊娠成立までの3つのプロセスに沿って
順を追って説明していこうと思います。

 

 

「妊娠の仕組みを知っても、
妊娠できるわけじゃないし…」

と思われる方もいらっしゃるかも
しれませんが、
妊娠が起こるメカニズムが分かると
当ブログでご紹介しているような
不妊の改善方法や妊娠しやすい方法
について書かれている内容が
理解しやすくなると思います。

 

 

それに、妊娠できずに悩んでいる時期は
いつも不妊というネガティブな言葉ばかり
頭の中でイメージしがちです。

 

 

けれども、最近読んだ心理学の
本によると、ネガティブな言葉ばかりを
頭の中でイメージしていると、
潜在意識がそのネガティブな状態を
実現しようとして、無意識の内に
体がそう反応してしまうそうです。

 

 

ですので、妊娠できないからと言って
「不妊」というネガティブな内容ばかりに
目を向けて考えてしまうのは良くなく、
「妊娠」というポジティブな内容を考える
ようにした方が良いと、心理学的には
言われているようです。

 

 

そういった意味でも、
妊娠の仕組みについて考えてみることは
良いことだと思われますので、
よかったらご覧いただければと思います。

 

 

>>排卵とはのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る