精子を守るために大切なこと

精子に良くない生活習慣に要注意!

不妊と言うと、一昔前まではもっぱら
女性側の問題とされてきましたが、最近では
不妊の原因の半分は男性側にある
と言われています。

 

 

男性側に原因がある不妊には、EDの他に
精子が上手く作られないというケースも多く
実際に精液検査をすると精子の数や運動率が
基準を下回り、乏精子症精子無力症
と診断されるケースが増えているようです。

 

 

男性不妊・EDについてのページでも
書きましたが、私の夫も大学病院に
治療に行った際には、まず精液の検査を
受けたそうです。

 

 

写真が少し見づらいかもしれませんが
上の写真が夫が受けた精液検査の結果表で、
「精子量」「精子濃度」「精子運動率」
のデータが記載されています。

 

 

通常の性交で妊娠できるかどうかは、
上記の3つの数字を掛け合わせた値で
診断するそうで、夫の場合は
精子運動率は基準値を下回ったものの、
精子量と精子濃度の値が高かったので
通常の性交でも自然妊娠できる可能性がある
と判定されたようです。

 

 

つまり、一回の射精で出される精液の中に
動きの良い精子がどれだけいるか
が妊娠できる確率を左右する鍵となる
わけです。

 

 

けれども、私の夫もそうでしたが、
普段の生活で何気なくやっていることの中に
実は動きの良い精子を減らすことに繋がって
しまっている行動が意外とたくさんある
そうです。

 

 

ですので、このページでは
精子に良くない意外な生活習慣
についてまとめてみました。

 

 

少しでも妊娠する確率を高めるためには
夫の方にも自分の精子を守るために
普段から気をつけて生活してもらいたい
ですよね。

 

 

このブログの読者さんの中には、
「夫に男性不妊の話なんてとてもできない」
という方もいらっしゃるかと思いますが、
以下で紹介する話は、普段の生活で何気なく
していることばかりなので、日常生活の中で
さりげなく話題にしていただければ
と思います。

 

 

わざわざ自分の精子に良くないことを
好き好んでやる男性はいないと思いますし、
私の夫の場合は嫌がるどころか
むしろ少し関心があったようで、全部とは
行きませんでしたが、自分のできる範囲で
気をつけるようにしてくれていたようです。

 

 

ですので、無理強いする感じではなく、
気をつけて生活してくれたら嬉しいな
くらいの軽い気持ちでお話しされることを
おすすめします。

 

精子を守るために気をつけること

サウナや長風呂は控える

男性の精巣(睾丸)は熱に弱いそうで、
通常は34〜35℃に保たれているのですが
温度が上昇して37℃以上になると、精子を
作る造精機能が低下してしまうそうです。

 

 

ですので、高温のサウナに入ったり、
熱いお風呂に長時間入っていたりすると
精巣の機能が衰えてしまいます。

 

 

特に熱くなったサウナの椅子に座っていると
精巣の温度がとても高くなってしまうので、
子作りのためには、できればサウナ通いは
避けてもらった方が良さそうです。

 

ブリーフよりもトランクス

パンツは、ぴったりとしたブリーフよりも
ゆとりのあるトランクスの方が良い
そうです。

 

 

ある大学の調査によると、タイトな下着を
穿いている男性は、そうでない男性に比べて
精子の数が少なかったという
結果が出たそうです。

 

 

この理由も、通気性の良いトランクスよりも
体温がこもるブリーフの方が、精巣の温度が
高くなってしまうからだと考えられて
います。

 

 

ただ、こればかりは好みもあると思うので
こだわりを持って穿いている人に変えて
もらうのは難しいかもしれないですね。

 

膝上でのノートPCの使用はNG

ノートパソコンを膝の上に
乗せて使う
のも良くないらしいです。

 

 

ノートパソコンを膝の上に乗せて
作業をすると、パソコンの発する熱が
股間付近に伝わってしまい
1時間の使用で精巣の温度が
2.5℃も上昇してしまうそうです。

 

 

電車の中でよくビジネスマンが膝の上に
ノートパソコンを乗せて仕事をしているのを
見かけますが、仕事熱心なのはイイですが
あれは精子にとって危険なことなんですね。

 

 

そのことを知った時に夫に伝えたところ、
「電車の中ではいつも寝てるから大丈夫」
と言われました。(^^;)

 

自転車の乗り過ぎに注意

最近は健康や環境への意識の高まりから、
自転車に乗る人が増えているそうですが、
自転車の乗り過ぎにも注意が必要です。

 

 

長い時間自転車に乗り続けていると、
サドルが股間を圧迫することによって
男性器付近の血流が悪くなり、EDや
精子の減少を招く恐れがあるそうです。

 

 

近所にちょっと買い物に行く程度ならば
問題ありませんが、自転車通勤などで
毎日長時間乗っているような方は
注意した方が良いかもしれません。

 

育毛剤に気をつけましょう

すべての育毛剤がいけないわけでは
ありませんが、フィナステリド
主成分とする育毛剤の使用には
注意をした方が良さそうです。

 

 

このフィナステリドには、男性ホルモンの
作用を抑制する働きをすることによって
男性型脱毛症の進行を遅らせる効果が
あるのですが、その反面、
精子数の減少やEDなどの副作用
伴うことがあるとされています。

 

 

したがって、少なくとも子作り期間中は
フィナステリドを主成分とする育毛剤の
服用は避けるようにした方が良いでしょう。

 

 

ちなみに、男性型脱毛症の治療薬には
フィナステリドの他に、ミノキシジルを
主成分とするものがあり、
ミノキシジルの方は精子への悪影響は
ないとされていますので、
もし育毛剤を使うのならばミノキシジルの
ものを選ぶようにすれば良いと思います。

 

 

>>二人目不妊についてのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る