流産する確率を少しでも減らすよう心掛ける

流産してしまう確率は意外と高い

前のページでお話ししたように
流産は本当につらく、
精神的にも、肉体的にも、時間的にも
大きな痛手となるので
なんとしても避けたいものです。

 

 

けれども、流産が起こる確率は意外と高く、
全妊娠の約15%の確率で発生する
と言われています。

 

 

つまり、10人の妊婦さんがいたら、
1〜2人は流産しているというわけで、
これは世間一般で思われているよりも
かなり高い確率ではないでしょうか?

 

 

しかも、高齢出産のリスクのところでも
説明しましたが、流産する確率は
妊娠する年齢が高くなるほど高くなり
35歳〜39歳では20%以上になり
40歳を過ぎると40%を超えてしまいます。

 

 

にも関わらず、身の周りで
あまり流産した人の話を聞かないのは
流産の多くはまだお腹が目立たない
妊娠12週未満の初期に起きるということと、
あまり人にベラベラ話すような話ではない
ということがあるのではないでしょうか?

 

 

私の場合は、会社を長めにお休みしたので
上司や親しい同僚には事情を話しましたが、
それ以外の人達にはやはり詳しい話は
伏せておきました。

 

 

ところで、
妊娠初期の流産の原因の大半は
染色体異常など避けられないもの

であると言われています。

 

 

染色体異常と聞くと、「何か遺伝的に
問題があるのでは?」と不安に思うかも
しれませんが、そうではなく、
たまたまその時の受精卵の染色体に
異常が生じて上手く成長できなかった
というだけで、一定の確率で
誰にでも起こり得るもののようです。

 

 

ですので、染色体異常による流産は
確率的に起こる仕方のないものなので、
自分を責めるのは止めましょう。

 

 

私も流産してしまった時には
「あの時に急いで走ったせいかな」とか
「重い荷物を持ったからかな」などと後悔し
やり場のない気持ちになって
悩んだりしました。

 

 

ですが、妊娠初期の流産の多くは
妊婦の行動とは関係なく起こるものと
言われていますので、
なるべく早く気持ちを切り替えて
次の妊娠に前向きな気持ちになりましょう。

 

流産する確率を少しでも低くする

ただ、いくら確率的に起こってしまう
やむを得ないものとはいえ、
できることなら流産はしたくないですし、
少しでもその確率を下げたいものです。

 

 

実際、染色体異常による流産は
仕方がないものと受け止めざるを得ませんが
それ以外の原因で流産する可能性も
少なからずあるので、普段の生活から
少しでも流産する確率を減らすよう
心掛けた方が良いと思います。

 

 

たとえば、
カフェインは控えた方が良い
そうです。

 

 

とあるアメリカの研究によると、
1日に200mgのカフェインを摂取する妊婦は、
そうでない妊婦に比べて流産確率が2倍に
なってしまうそうです。

 

 

ですので、妊娠している可能性がある
時期は、コーヒーや紅茶、緑茶などは
なるべく控えた方が良さそうです。

 

 

私は自宅ではカフェインレスの
インスタントコーヒーを買って飲んで
いましたし、外出中にペットボトルの
お茶が飲みたくなった時は
麦茶を買うようにしていました。

 

カフェインレスコーヒー

 

また、私は頼んだことはないのですが、
スタバではコーヒーの種類によっては
カフェインレスにできるようですので、
利用されてみてはいかがでしょうか?

 

 

尚、書くまでもない常識かもしれませんが、
タバコやアルコールも流産や早産の原因と
なるようですので、お気をつけください。

 

 

また、体を冷やさないようにする
ことも大切です。
冷え症が原因で不妊になってしまうという
話はよく聞きますが、流産にも良くない
そうです。

 

 

体が冷えると子宮の筋肉が収縮してしまい
子宮の血流が低下してしまうのが良くない
らしいです。

 

 

子宮の血流が悪いと
まず妊娠自体しにくくなりますし、
せっかく受精卵が子宮内膜に着床して
妊娠したとしても、受精卵に栄養が届かず、
上手く成長できず流産してしまう
というわけです。

 

 

着床した受精卵は、子宮内に胎盤を作って
その後およそ10ヶ月かけて赤ちゃんに
成長していくわけですから、
普段から子宮内の環境を
良好に保っておくことは
元気な赤ちゃんを授かるために
とても大切なことです。

 

 

そのためには、普段から体を冷やさない
ようにして子宮への血流を良くし、
これから生まれてくる赤ちゃんのために
子宮内膜を厚くして“フカフカのベッド”を
用意しておいてあげることが大切です。

 

 

次のページでは
不育症について説明します。

 

 

先ほど説明しました通り、
染色体異常による流産は一定の確率で
発生する仕方が無いものなのですが、
何度も流産を繰り返すようですと
不育症という病気の可能性があります。

 

 

何度も流産を繰り返している方は
ご参考にしてください。

 

 

>>不育症についてのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る