妊娠しやすくなるための豆知識

妊娠や不妊改善に役立つ豆知識

このページでは、不妊の改善や
妊娠するのに役立つと思われる豆知識
を取り上げて紹介しています。

 

 

話の流れの関係で
本編で紹介できなかった情報や
軽くしか触れられなかった内容を
書いていこうと思いますので、
ぜひ参考にしていただけばと思います。

 

性交の回数が多いほど妊娠しやすくなる

当ブログもそうですが、
不妊治療や妊娠しやすくなる方法について
本やインターネットを調べてみると、
性交のタイミングについて書かれている
ものがとても多いです。

 

 

もちろんその内容は正しいのですが、
それを読んでタイミングを重視し過ぎて
しまうと、1回の性交をそのタイミングに
合わせることばかりに気を取られてしまい、
性交の回数が減ってしまいがちです。

 

 

実際、私もタイミングを計り過ぎて
「今日はまだかな?」などと
考えている内にタイミングを逃して
しまったこともありましたし、
ベストのタイミングにできたと思った時は
そのことに満足して、その1回だけで済ませて
しまったことも多々ありました。

 

 

ですが、性交渉を持つ頻度と妊娠率を調べた
研究データによると、周期あたりの妊娠率は
週1回の性交で15%
1日おきの性交で33%
毎日の性交で37%

とのことです。

 

 

いくらタイミングが重要と言っても
体の中のことは正確には分かりませんから、
できるだけ回数を増やして
その中の一回のタイミングが合って
くれることを願う方が良い
ということが確率的にも言えそうです。

 

 

また、毎日性交すると夫の精液が薄くなって
かえって妊娠しにくくなるのではないかと
心配される方も多いようですが、
それについても全く問題ないようです。

 

 

毎日射精しても精液の質や濃度、運動率は
変わらないという研究データがありますし、
5日間以上射精しないと
逆に精子の濃度が低下してしまう

ので、むしろ頻繁に性交の機会を持った方が
精液の面でも良いとのことです。

 

 

ですので、タイミングのことは気にし過ぎず
大体の排卵の時期だけを把握しておき、
その時期が近づいてきたら、
少し早めと思う頃から
できるだけ多くの機会を持つ

ようにするのが良さそうです。

 

 

私たち夫婦もそうでしたが、
仕事などで忙しくて「毎日なんてムリ」
という方も多いと思いますが、
一日おきでも十分に確率は高まりますので、
その時期だけは夫婦で協力して
なるべく多く機会を持つよう
心掛けてみると良いと思います。

 

10月〜11月は流産する確率が低い

不育症についてで紹介させていただいている
杉ウイメンズクリニックのホームページに、
妊娠と流産に関するとても興味深い内容の
記事が書かれていましたので、
このページで紹介させていただきます。

 

 

藤田保健衛生大学元教授の中沢先生が
自然妊娠した約2,500人の妊婦の流産率を
調査したところ、10月と11月に最終月経が
あって妊娠した妊婦の流産率は7%で、
他の月の流産率(16〜22%)の半分以下
だったとのことです。

 

 

このデータから、
人間の生殖機能は10〜11月にベストになる
と言えるとその記事に書かれていました。

 

 

ちなみに、ニホンザルは10〜12月が発情期で
他の月にはほとんど妊娠しないそうです。

 

 

その時期に妊娠すると、暖かい夏に
出産できるので、新生児が低体温で
死亡するリスクが減らせるという
野生のメカニズムが働いている
らしいのです。

 

 

人間もやはり冬場の1〜3月は分娩が
少ないそうで、低体温での死亡リスクが
大幅に減った現代人にも、まだまだ
野生のメカニズムが残っているんですね。

 

 

そう言われてみると、私個人の体験でも
2回の流産を含めた過去3回の妊娠は
すべて11月の排卵で妊娠しています。

 

 

私のケースでは、流産率が低いという点では
データと矛盾してしまっていますが、
それ以外の月には全然妊娠しなかったのが
11月に限って妊娠しているところを見ると、
やはり10月〜11月に生殖機能が高まる
ということと関係があるのかもしれません。

 

 

ですので、
10〜11月は妊娠するチャンス
と言えそうです。

 

 

貴重なチャンスを逃さぬよう、
体調を整えて「妊娠の秋」を迎えましょう!

 

 

>>子授けお守りや子宝グッズ等のページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る