高齢出産の現実を正しく知る

高齢出産の現実は厳しい?

女性は年齢を重ねるごとに
妊娠しにくくなり、流産しやすくなります。
そして、染色体異常が起こる確率や
分娩のリスクも、加齢とともに高くなって
しまいます。

 

 

特に35歳を過ぎたあたりから、赤ちゃんを
授かる可能性が急に減少してしまうことから
一般に35歳以上での初産を高齢出産
と呼びます。

 

 

ちなみに、私は37歳で初めての子供を
産みましたので完全な高齢出産です。

 

 

高齢になるほど赤ちゃんを授かりにくくなる
原因はいくつかありますが、
最も大きな要因は年齢とともに
卵子の質が低下してしまうからです。

 

 

卵子は女性が生まれた時から体内にあり、
新しく作られることはありません。
つまり、卵子の年齢は自分の年齢と一緒で
毎年老化し続けているというわけです。

 

 

では、卵子の老化によって
どのような影響が出てくるのか、
まずは年齢ごとの1年以内の妊娠率を
見てみましょう。

 

<1年以内の妊娠率>
1年以内の妊娠率
30歳を過ぎると妊娠能力が低下していくのが分かります。

 

 

次に、流産の確率を見てみましょう。

 

<流産率>
流産率
30代後半から急激に高くなります。

 

 

染色体異常が起こる可能性についても
見てみます。

 

<染色体異常発生率>
染色体異常発生率
40歳以上は非常に高くなります。

 

 

不妊治療で最も強力な方法である
体外受精の妊娠率も見てみます。

 

<体外受精妊娠率>
体外受精妊娠率
40歳を超えると体外受精でも厳しくなってきます。

 

 

以上、年齢ごとのデータを見てきましたが
いかがでしょうか?

 

 

数字の捉え方は人それぞれなので、
「高齢出産の現実は厳しいな」
と思う人もいれば
「思ったよりは大丈夫そう」
と感じる人もいると思います。

 

 

実際、私は36歳で妊娠して
37歳で初めての子を出産しましたし、
知人には48歳で出産された方もいるので、
現在の年齢が既に高くても悲観する必要は
ありません。

 

 

ただ、年齢を重ねるごとに状況が
厳しくなっていくことは確かなので、
もし将来的にでも子供を授かりたいという
希望をお持ちであれば、なるべく早い内に
一度パートナーと子作りについて話し合って
みるのが良いのではないかと思います。

 

 

>>基礎体温をつけてみるのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る