排卵検査薬でタイミングを計り、妊娠確率を高める

排卵検査薬の使い方

基礎体温から排卵日を予測して
性交渉を持っても、なかなか妊娠しない
こともあります。

 

 

そもそも排卵日ぴったりに性交したとしても
妊娠する確率は約20%と言われていますので
妊娠しなくても別に不思議はないのですが、
もしかしたら
基礎体温から予測した排卵日と
実際の排卵日がズレている

という可能性もあります。

 

 

基礎体温は排卵の有無を推測したり
大まかに排卵日を予測する目安と
なりますが、あくまで目安であり、
正確な排卵日が分かるわけではありません。

 

 

では、正確な排卵日を知るためには
どうしたら良いのでしょうか?

 

 

もちろん病院に行けば、
超音波検査やホルモン検査で
かなり正確に排卵日が分かるのですが、
市販の排卵検査薬(排卵チェッカー)を
使うことで、ある程度正確な排卵日を
知ることができます。

 

 

薬局で販売されている一般的な排卵検査薬は
尿中のLH(黄体形成ホルモン)濃度の上昇を
とらえるもので、
LH濃度の上昇が始まってから36時間以内に
排卵が起こるという身体の仕組みを利用して
排卵日を予測します。

 

 

ですので、具体的な使い方としては
次回月経予定日の17日前から
毎朝決まった時間にチェックし、
検査薬の陽性反応(=LH濃度の上昇)
が出たら、その日の内に性交渉を持つのが
良いとされます。

 

排卵検査薬

 

「次回月経予定日の17日前」と言うのは、
一般に排卵日は月経の14日前というのが
一つの目安となるのですが、
もしチェック初日に陽性反応が出てしまうと
いつLH濃度の上昇が始まったのか分からなく
なってしまうので、排卵が予想される日より
少し前から毎日チェックしましょう
という意味なのです。

 

 

したがって、1回の排卵に対して
通常は5〜7本くらいの排卵検査薬を使う
ことになります。

 

ケチらず使う

ただ、排卵検査薬は、例えば1箱7本入りで
3,000円程度と少々高いので、
ついついケチりたい気持ちになります。

 

 

しかも、妊娠できない時期が続くと、
「どうせまた来月も使うから…」
なるべく使う本数を減らして
節約してチェックしようとしてしまいます。

 

 

しかし、排卵チェッカーは
あまりケチらずに使った方が良い
と思います。

 

 

先ほど書いたように、私もチェック初日に
陽性反応が出てしまって排卵日が
分からなかったという経験をしましたし、
ケチって使い始めの日を遅らせ過ぎて
使った数本がすべて陰性で、
結局排卵日どころか排卵がされているのか
どうかも分からない時が何度もありました。

 

 

ですので、月一回の貴重な妊娠の機会を
逃さないためにも、排卵チェッカーは
ケチらずに使った方が良いと思います。

 

 

尚、排卵検査薬は、薬事法により
医療用医薬品を取り扱える薬局でしか
買うことができません。
しかも、購入時に名前や住所などを
書かせられます。

 

政府の規制緩和により、排卵検査薬は2016年末から一般の薬局でも購入できるようになりました。
詳しくは不妊に関するニュース(2017)をご覧ください。

 

私は最初その事を知らず、
近所のドラッグストアを何軒もまわったのに
買えなかったということがありました。

 

 

店員さんも排卵検査薬について知らない方が
多いようで、しばらく待たされた挙げ句
「ウチでは取り扱ってないようですね」
という回答をもらうことが多かったので、
事前に取り扱い店を調べてから
買いに行く
ことをおすすめします。

 

 

私が使っていたロート製薬の
「ドゥーテスト」はホームページに
取扱店リストが載っていますので、
お近くのお店を探してみては
いかがでしょうか?

 

 

尚、2013年1月の最高裁の判決を受けて
現在では医薬品のネット販売が事実上解禁と
なったそうです。

 

 

しかし、ロート製薬さんに確認したところ
それは一般医薬品についてであって
医療用医薬品である排卵検査薬については
依然としてネット販売は認められていない
とのことでした。

 

 

ただし、
海外から個人輸入するカタチであれば、
排卵チェッカーをネット購入できるサイトは
あるようです。
つまり、日本国内での通販はダメでも
海外からの通販ならば法律に触れない
みたいです。

 

 

ただ、私自身は利用したことがないので
正直どの購入サイトがおすすめできるのかは
よく分かりません。

 

 

ですが、近くに排卵検査薬の取り扱い店が
ない方にとっては、ネットで購入できるのは
とても便利でしょうから、
「排卵検査薬 通販」などで検索して
調べてみると良いかもしれません。

 

 

>>不妊治療を始める前に…のページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る