子作りに義務感を持たないようにする

子作りに義務感を持ってしまうと…

妊活を始めると子作りに義務感を感じて
苦痛になってしまう
夫婦が多いようです。

 

 

それまでは二人の気分が盛り上がった時に
自然な流れでセックスをしていたのに、
妊活を始めると排卵日付近を狙って計画的に
子作りの機会を持たなければならないので、
義務感を感じてしまうのも無理はありません。

 

 

勉強でもスポーツでもどんな事でもそうですが、
義務感からする行動は楽しくありませんから、
苦痛になってしまいますよね。

 

 

もちろんそれが一人でする個人的なことでしたら
苦痛を我慢して頑張るのもありだと思いますが、
子作りは二人でするもので、相手のあること
ですから、苦痛を我慢して頑張ろうとするのは
おすすめできません。

 

 

子作りに対する意識は男女でも違いますし、
実際、毎月の子作りのストレスが原因で
夫婦間に亀裂が走ってしまう
ケースも
少なくありません。

 

 

ですので、子どもを授かるという目的に向かって
夫婦が一緒になって進んでいくためには、
子作りにできるだけ義務感を感じないようにする
ことが大切です。

 

 

このページではそのためのコツを考えてみようと
思います。

 

夫婦で共に子作りに取り組む

 

私たち夫婦もそうでしたが、子作りについては
妻は積極的なのに対し、夫は消極的
という夫婦が多いようです。

 

 

これには様々な理由が考えられますが、
ひとつには高齢出産のリスクに対する
夫婦間での認識の差
があると思います。

 

 

女性は、高齢になればなるほど妊娠しづらくなる
という現実を理解している人が多い一方、
男性は、そういった事実を全く知らなかったり、
話としては知っていても、自分たち夫婦に関係する
問題として受け止めていない人が多いように
思われます。

 

 

そういった男性にはまず、自分たち夫婦が
毎年こうして年齢を重ねている内に、
子どもを授かれるチャンスが急激に減っている
という事実をきちんと理解してもらいましょう。

 

 

その際は、男性は感情に訴えかけられるよりも
客観的データを示された方が納得しやすい
そうですので、高齢出産のリスクのページに
載っている年齢ごとの妊娠率や流産率の表を
見てもらいながら説明すると良いでしょう。

 

 

ただ、「こんな説明をしたら、夫を焦らせてしまい
余計に義務感を感じさせてしまうのでは?」
と心配に思われる方もいるかもしれません。

 

 

ですが、単に妻に言われたからというだけで
納得しないまま渋々子作りをするのと、
自分(たち夫婦)の問題として取り組むのとでは
同じ義務感でも天と地ほどの差があります。

 

 

ですので、高齢出産のリスクを理解してもらい、
自分たち夫婦の問題として
子作りに取り組んでもらう
ことが
とても大切だと思います。

 

夫にプレッシャーを与えない

 

夫婦で共に子作りに取り組めるようになったら、
次は、できるだけ夫に心理的プレッシャーを
与えないように気をつけることが大切です。

 

 

と言うのも、男性は性行為に対してとても繊細で
精神的なストレスが原因で
EDになってしまう男性がとても多い

からです。

 

 

特に妊活を始めて、タイミング療法で
排卵日を狙ってセックスをしようとした途端、
失敗できないというプレッシャーから
男性器が勃起せず性交できなくなってしまった
というのはよく聞く話です。

 

 

ですので、理想的なことを言えば、
普段から定期的に機会を持つようにしておいて
何回かに一回を排卵日に当てるようにすれば、
夫に排卵日を悟られず(プレッシャーを与えず)に
子作りができるので良いかと思います。

 

 

ただ、現実的な話として「普段から定期的に
機会を持つなんてとてもムリ!」という方も
いらっしゃると思います。

 

 

そういう方は、毎月の排卵のタイミングを
ピンポイントで狙う必要がありますから
夫に排卵日を知らせなければなりませんが、
その場合でも、「今日絶対にしなくちゃ」
という雰囲気はできるだけ出さないように
気をつけましょう。

 

 

月に一回の貴重な排卵日を逃したくない
と思うのは当然ですが、そこはグッと堪えて
「できなかったら来月すればいい」
というくらいの大らかな気持ちで臨んだ方が
最終的には良い結果に繋がると思います。

 

頑張った「ご褒美」を用意しておく

 

あと、私たち夫婦が子作りを楽しむために
行っていたことの中で意外と良かったと思うのは
子作りを頑張ったあとに
「ご褒美」を用意しておく
ことです。

 

 

たとえば、私たち夫婦は子作りをした後は
いつも宅配のお寿司を取ることにしていました。

 

 

そうすれば、私はその日は夕飯を作らずに済む
ので楽ですし、夫も好きなお寿司が食べられるので
その日は早めに帰宅して子作りをしてしまおうと
モチベーションが高まるというわけです。

 

子作り,義務感

 

このように、ささやかな楽しみがあれば、
子作りに多少の義務感を抱いたとしても
それほど苦痛には感じないと思います。

 

 

これは我ながら結構良い方法だと思いますので、
夫婦でテンションの上がる「ご褒美」を考えて、
子作りの日が楽しみになるよう
工夫してみてはいかがでしょうか?

 

 

以上、子作りが苦痛にならないようにするために
私たち夫婦が試してみたことを紹介してみました。
ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

>>不妊に関するニュース(2017)のページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る