不妊検査を受けて、原因が分かるものは早く治す

不妊症の検査を受けてみる

不妊治療の第一歩は不妊検査です。
検査をして、体に不妊の原因となる
問題がないかを調べます。

 

 

もし検査で不妊の原因となる問題が
見つかれば、まずはその個所を治療して
妊娠できる体を目指すことになります。

 

 

また、何も問題が見つからなかった場合には
体質改善を試みたり、基礎体温や
排卵検査薬でタイミングを計ったりして
再び自然妊娠を目指すこともできますし、
できるだけ早く妊娠するために
不妊治療を開始することもできます。

 

 

不妊の原因は一つではないことも
多いですし、検査では分からない
原因不明の不妊もありますが、
検査で原因が分かるものは
できるだけ早く治す

ことが大切です。

 

 

本格的な不妊治療を行うかどうかは
ともかくとして、もし定期的に排卵日付近に
性交渉を持っているのにもかかわらず、
なかなか妊娠できず悩んでいるようでしたら
とりあえず検査だけでも受けてみることを
おすすめします。

 

問診

初めて病院へ行くと
まず受付で問診票を書くように言われます。
項目に従って、生理の状態や妊娠・出産、
流産の有無などを記入していきます。

 

 

そして診察時には、その問診票をもとに
話を進めることになるので、
予め症状などを簡単にまとめておいた方が
話がスムーズに進むので良いと思います。

 

 

尚、もし基礎体温をつけているのであれば、
数周期分の基礎体温表
を持って行った方が良いです。

 

 

また、他の病院を受診したことがある場合は
検査結果や服用薬などの資料を持参すると
今後の検査や治療の進め方を話し合う上で
役に立ちます。

 

内診

内診では、触診をして卵巣や子宮に
異常がないかを調べたり、腟鏡を使って
腟内や子宮頸部の様子を調べたりします。

 

 

私の子宮頸管ポリープは内診で見つかり、
その場ですぐに取ってもらいました。

 

不妊検査

 

初めて産婦人科を受診する時は、
内診台に乗るのに抵抗を感じる人も
いるかもしれませんが、
すぐに慣れますので安心してください(^^)

 

超音波検査

超音波検査とは、
膣の中に超音波を発する棒状の器具を入れて
子宮や卵巣、子宮内膜の状態を調べる検査
のことを言います。

 

 

この検査によって、子宮筋腫や卵巣腫瘍、
子宮内膜ポリープなどの病気が分かったり、
卵胞の成長具合や排卵の有無、
子宮内膜の厚さなどを知ることができます。

 

 

ちなみに、私はこの超音波検査で
軽度の卵巣のう腫と診断され、
治療を受けました。

 

ホルモン検査

血液検査で血液中にある様々なホルモンを
測定して、不妊の原因がないかを調べます。

 

 

卵胞を育てる卵胞刺激ホルモン(FSH)や
排卵を促す黄体形成ホルモン(LH)をはじめ
プロラクチン、エストロゲン、プロゲステロン
などの分泌に異常がないかを確認します。

 

不妊検査

 

子宮卵管造影検査

子宮に造影剤を注入して、
レントゲンを撮る検査です。
これにより卵管の通り具合や
子宮腔の異常、癒着などが診断できます。

 

 

また、造影剤を注入することによって
卵管の詰まりが改善されることもあるらしく
治療も兼ねた検査とも言えるそうです。

 

 

この検査はかなり痛いと聞いていたので
受ける前は少し怖かったのですが、
私は思っていたほど痛くありませんでした。

 

フーナーテスト

フーナーテストとは、
排卵日の頃にセックスをして
病院で頸管粘液を採取し、その中にいる
精子の状態を顕微鏡で調べる検査です。

 

 

この検査によって、頸管粘液中の精子が
どのぐらい元気に活動しているかが
分かります。

 

クラミジア検査

クラミジアの菌がいないかどうかを
調べる検査です。

 

 

「性病の検査なんて…」と思ったのですが、
クラミジアによる卵管炎は不妊症の原因と
なるとのことで、一応検査をしました。

 

 

しかし、結果はまさかの陽性でした。

 

 

深刻な病気ではないので
その点では良かったのですが、
自分が性病にかかっているとは夢にも思って
いなかったので、ショックと恥ずかしさで
結果を聞いた時はかなり動揺しました。

 

 

先生からは、
「よくあることなのよ。
旦那さんを責めないでね」

と言われました。

 

 

どういう意味かと言うと、
夫が風俗店などでクラミジアをもらってきて
それが私に感染したと思われたようです。
ですので、帰りには夫の分の検査キットも
手渡されました。

 

 

けれども、当時の私たち夫婦は
ほとんどセックスレスの状態だったので、
仮に夫がどこかでクラミジアをもらった
としても、それが私に感染するとは
考えにくかったのですが、
夫の検査キットをもらってきてしまったので
夫には事情を正直に話して
検査をしてもらいました。

 

 

その結果、夫は陰性でした。

 

 

私は別に男性経験が豊富な方でもないので、
正直どこでクラミジアに感染したのか
見当もつかないのですが、もしかしたら
私が以前お付き合いしていた人から
うつされていたのかもしれません。

 

 

夫からはそのことで
何度か嫌味を言われたりもしましたが、
人によってはもっと揉めることもありそうな
話なので、その程度で済んで良かったです。

 

 

まったく身に覚えがなくても、
こういうこともありますので
余計な夫婦関係のトラブルを防ぐためにも
ご注意いただけたらと思います。

 

 

尚、クラミジアの治療は抗生物質を飲むだけ
です。私の場合は4日ほど薬を飲んで
再検査を受けたら陰性になりました。

 

 

>>不妊治療の流れのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る