不妊かな?と思ったら、まずは行動を起こしてみる

いつ不妊を疑い、行動を起こすか?

日本産科婦人科学会の定義によると
不妊とは「健康な男女が子供を望んで
性行為を行っているにもかかわらず
2年以上妊娠に至れない状態」のこと
を指すそうです。

注)日本産科婦人科学会は、これまで「2年以上」としてきた不妊の定義を見直し、2015年8月より「1年以上」に短縮すると発表しています。

 

しかし、一口に「2年」と言っても、
子供が欲しくて定期的に子作りに
励んでいるにもかかわらず、
2年間も光が見えないのは
本当につらい状態
です。

 

不妊,妊娠,女性,高齢

 

しかも、妊娠や出産は
年齢を重ねるほどしづらくなりますので、
2年間ものあいだ妊娠できないと
だんだん焦りも出てきます。

 

 

2年が経った時点で何の進展もなかった場合、
「もっと早く何かしておけば良かった」とか
「妊娠適齢期の2年間をムダにしてしまった」
と感じてしまう人もいるかもしれません。

 

 

そういった後悔をしないためにも、
もし定期的に子作りの機会を持っているのに
妊娠しないのであれば
2年と言わず
もっと早めに不妊を疑い、
何らかの行動を起こすべき

だと思います。

 

 

実際、アメリカの学会では2年ではなく、
1年で不妊と判断するそうです。

 

手軽にできることから始めてみる

不妊の改善や治療と言うと、
病院が怖いとか、費用が高そうとか、
痛そうとか、人によって様々なマイナスの
イメージがあり、ついつい行動を先延ばし
してしまいがちです。

 

 

しかし、何もいきなり病院に行って
不妊治療を始める必要はありません。
まずは手軽にできることから始めてみるのが
良いと思います。

 

 

とりあえず基礎体温をつけてみたり、
排卵検査薬を使ったりして
子作りをするタイミングを計るだけでも
妊娠する確率はだいぶアップします。

 

 

そして、一旦行動を起こしてしまえば、
たとえその方法ですぐに結果が出なくても、
次に何をすべきかを自然と考えるようになる
ので、貴重な時間を無駄にせずに済みます。

 

 

また、不妊の改善には様々な解決方法がある
ということを知るだけでも
「これがダメでも、○○という方法もある」
というふうに考えられるようになるので、
漠然とした不安が解消され
精神的にも安定します。

 

 

妊娠は年を取るごとにしづらくなるので、
不妊は時間との戦いとも言えます。

 

 

私たち夫婦も、
結婚してかなりの月日が経ってから
「もっと早く知っていれば…」とか
「何でもっと早くやらなかったんだろう」と
思ったことが何度もありました。

 

 

幸い子供を授かれたので良かったのですが、
もし授かれていなかったら
早く行動に移さなかったことを
きっと後悔していたと思います。

 

 

ですので、もし「不妊かな?」と思ったら、
まずは簡単にできることからでもいいので
実際にやってみることをおすすめします。

 

 

>>セックスレスを乗り越えてのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る