不妊治療費の助成金制度について知る

助成金をもらって不妊治療費の負担を軽くしましょう

不妊治療を受けてみたいけれど
費用の問題で二の足を踏まれている方も
多いと思います。

 

 

子供を授かるためなら
お金のことは何とかしたいと思う一方で、
現実には毎日の生活にお金がかかりますし
子供が生まれた後の生活のことも
考えておかなくてはなりません。

 

 

また、不妊治療費は高額な上に、
治療を始めても、いつ無事に子供を授かって
治療を終了できるのかも分からないので、
前もって予算を決められないところもツラい
ところです。

 

 

不妊治療の流れのところでも書きましたが、
タイミング療法など初期の不妊治療であれば
保険が利くのですが、
人工授精や体外受精は
保険が利きません。

 

 

かかる費用は1回あたり
人工授精で1〜3万円、
体外受精では30〜50万円もかかり、
しかも複数回受けるケースがほとんどなので
誰でも受けられる治療ではありません。

 

 

そこで、国と地方自治体は
不妊治療を受けている夫婦の経済的負担を
軽減するために助成金を交付しています。

 

 

この不妊治療費助成制度は、
厚生労働省が費用を援助するかたちで
各地方自治体(都道府県や指定都市など)が
それぞれ実施しているので、
住んでいる地域によって助成内容が
若干異なることがあるようです。

 

 

ただ、私が調べた範囲では、ほとんどの
地域で助成内容は以下の通りでした。

 

対象となる治療

体外受精および顕微授精

助成額および回数

治療1回につき15万円を上限額として、1年度あたり2回まで
※但し、申請1年目に限り、1年度あたり3回まで助成される

助成期間

通算5年間 ※通算10回まで
※2014年度から最大6回まで

支給条件など

法律上の婚姻した夫婦であること
夫婦の合計所得額が730万円未満
指定医療機関で治療を受けたこと

 

厚労省による助成制度の見直しに伴い、上記の助成内容は2016年度から変更されます。
詳しくは不妊に関するニュースのページをご覧ください。

 

対象となる治療法や回数が限られていたり
助成期限が設けられていたりと
制限はありますが、いくらかでも経済的な
負担が軽くなるのはありがたいことです。

 

 

詳しくはお住まいの地域の各都道府県窓口に
お問い合わせいただければと思いますが、
ご参考までに厚生労働省の該当ページを
載せておきます。

 

 

厚生労働省ホームページ:
不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要

 

 

このページには、国が定めた制度の内容が
書かれていますが、ページの下の方にある
「指定医療機関一覧」をクリックすると、
各地方自治体の助成内容を確認できる
ページに飛ぶようになっています。

 

 

>>流産のつらさのページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る