男性不妊・EDを克服した夫の体験談

EDの悩み

子作りを頑張ろうとすればするほど
逆に夫がEDになってしまい、
結果的にセックスレスになってしまう夫婦も
多いようです。

 

 

私たち夫婦もそうでした。
もともと夫は結婚前から少しED気味だった
のですが、妊娠する確率を上げるために
子作りのタイミングを計りだした頃から
さらにEDが深刻になり、
うまく性交渉が持てなくなって
しまいました。

 

 

そもそもEDとは
どういう病気なのでしょう?

 

 

EDとは、男性の性機能障害の一種で、
性交時に男性性器が十分に勃起せず
満足な性交が行えない状態を指します。

 

 

これには血管や神経の障害が
原因である場合もあるのですが、
心理的なストレスが原因であるケースが
非常に多いとされています。

 

 

特に子作りを目的に性交渉を持つ場合、
タイミングを計ってその日に性交を
しなければならないので、
それが心理的プレッシャーになり
EDになってしまうことが多いようです。

 

 

では、EDを改善するには
どのような方法があるのでしょうか?

 

 

まず手軽にできる方法として
夫が試したのは、妊娠しやすい体をつくる
のページでもご紹介した
マカや補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
といったサプリメントや漢方薬です。

 

 

ただ、サプリメントや漢方薬の類は
効果を実感しづらく、即効性に欠けるので、
夫はいつの間にか飲むのを止めてしまい
ました。

 

 

ですので、実際に夫が効果のほどを確かめた
わけではないのですが、手軽にできるので
これで効果があれば儲けものだと思って
飲んでみるものも手かもしれません。

 

 

次に夫が試したのは、
バイアグラなどのED治療薬です。

 

 

ED治療薬には有名なバイアグラの他にも
レビトラ、シアリスといった薬があり、
服用のタイミングや作用時間などに
多少の違いはありますが、
どれもきちんと認められたED治療薬です。

 

ED治療薬

 

夫はこれらの薬をED治療薬の処方を
専門に扱うクリニックで処方してもらい、
試していました。
インターネットで「バイアグラ 処方」と
検索すると、そういうクリニックが
たくさん出てきます。

 

 

しかし、3種類すべてを試してみたものの、
残念ながらその時はほとんど効果が
ありませんでした。
ED治療薬を飲みさえすれば大丈夫と
思い込んでいたので、とてもガッカリして
落ち込んだのを覚えています。

 

 

二人ともあまりにもガッカリしたので、
その後しばらくは子作りの話題を
避けるようになってしまいました。

 

紹介状を持って大学病院へ

しばらくしてショックから立ち直ると、
夫婦二人で次の手を考え始めました。

 

 

当時の私はまだ婦人科で排卵誘発剤を
もらいながら不妊治療を続けていた頃
だったので、その婦人科の先生に
夫のEDについて相談してみました。

 

 

そして夫の方は夫の方で、
EDや男性不妊を本格的に治療する方法を
インターネットで調べていました。

 

 

すると不思議なことに、婦人科の先生から
「東邦医大に永尾先生という男性不妊の
名医がいるので紹介状を書いてあげる」
と言われ、そしてその永尾先生とは、
夫がインターネットで調べて治療を受けたい
と思っていた先生だったのです。

 

 

もっとも永尾先生は男性不妊治療で
非常に有名な先生なので、
婦人科の先生からの紹介と夫の希望が
一致したのは、さほど不思議な話でもない
のかもしれませんが…。

 

 

とにかく、私たち夫婦にとって願ってもない
話だったので、夫はすぐに東邦医大の
男性不妊外来の診察予約を取り、
診察を受けに行きました。

 

 

診察の流れとしては、まず
精液検査血液検査をしたそうです。
精液検査は精子の数や運動率を測定し、
血液検査は男性ホルモンの分泌に異常が
ないかを確かめる検査だそうです。

 

 

検査の結果、
夫は精液にも血液にも異常はなく、
自然に性交して妊娠できる可能性がある
ということで、永尾先生からは
ED治療薬を使って性交を試みることを
勧められました。

 

 

もちろん夫は、以前にED治療薬を使って
みたけれども効果が無かったという話もした
らしいのですが、それでも永尾先生からは
「まずはED治療薬を使ってみましょう」
と指示されたとのことで、再びED治療薬を
使ってトライすることになりました。

 

 

ただ、その際に永尾先生からは
・性交の際は陰茎部をよく擦ること
・女性の局部に潤滑ゼリーをよく塗って
 挿入しやすくすること
というアドバイスをもらったそうです。

 

 

ちなみに潤滑ゼリーは
リューブゼリーという名前なのですが、
知らない人も多いと思うので
写真を載せておきます。

 

男性不妊について

 

夫は東邦医大の売店で買ったそうですが、
一般の薬局などでも売っていると思います。

 

ついにEDを克服

以前にED治療薬を使ってダメだったので、
「今回もダメなんじゃないか」と
思うところも正直あったのですが、
とにかく名医の永尾先生の指示なので、
とりあえずアドバイスを守って実行する
ことにしました。

 

 

すると、さすがにすぐにED解消という
わけにはいきませんでしたが、
2〜3回試す内に徐々に上手くいくような兆し
が見えてきました。

 

 

すると夫も少し自信を取り戻したようで、
会社から疲れて帰ってきた後でも
夫の方から積極的に声をかけてくれる
ようになりました。
そんなことは結婚以来ずっとなかったので
とても嬉しかったです。

 

 

そしてついに5回目くらいからようやく
完全ではないものの
なんとか挿入することができるようになり
膣内に射精することが
できるようになりました。

 

 

このようにして私たち夫婦は
EDによるセックスレスを乗り越えることが
できました。

 

 

結果だけ見ると
単にED治療薬を使っただけなのですが、
永尾先生の具体的なアドバイスと、
名医の診察を受けているという安心感から
EDを克服できたのだと思う
と夫は言っていました。

 

 

尚、幸い私たち夫婦はED治療薬を
使っただけでEDを解消することが
出来たのですが、症状によっては
さらに高度な治療を必要とする人も
いらっしゃると思います。

 

 

大学病院ならばそういった高度な治療が
必要な場合にも対応してもらえますので、
ご参考までに私の夫がお世話になった
男性不妊外来をご紹介しておきます。

 

東邦大学医療センター 大森病院 リプロダクションセンター

 

特定機能病院ということで診察を受けるには
原則紹介状が必要とのことですが、
選定療養費を支払うなど場合によっては
診察してもらえることもあるようなので、
もし本当にEDでお困りの方は
一度問い合わせをしてみると良いかも
しれません。

 

 

>>良い病院と悪い病院のページに進む

スポンサーリンク



不妊ブログTOPページに戻る